あらゆる種類の傷やへこみを直してくれる埼玉の板金会社

自動車の傷やへこみは早めに専門業者へ依頼を

自動車を運転していると、気をつけていたつもりでも誤ってぶつけてしまうことがよくあります。何か大きなものに衝突すれば自動車のボディはへこんでしまうでしょうし、特に事故などをしていない場合でもいつのまにか細かな傷がついていたということがあるかもしれません。そうした傷やへこみは、そのままにしておくと見栄えが悪いものです。また何か悪いことをしているのではないかと疑われる恐れもあるので、できるだけ早く埼玉の板金業者へ持ち込んで修理してもらうことをおすすめします。埼玉の板金業者とは、自動車のボディの修理を主に行なっている会社のことを言います。自動車のボディはちょっとした接触で傷つきやすいものですが、どのような種類の傷でも、こちらへ持ち込むと元通りの状態へときれいに修理してくれるので安心です。

細かな傷は見えなくなるほどきれいに

埼玉の板金業者に修理を依頼すると、まるで新車のような仕上がりになって戻ってきます。傷やへこみがついたにも関わらずなぜこのようにきれいな状態へと戻すことができるのでしょうか。その理由は、傷やへこみの種類によって最適な修理方法を使い分けているからです。まず表面にできた細かな傷については、その深さによって違った修理方法を採用しています。もし傷の深さが浅い場合には、目の細かなサンドペーパーやバフなどで表面を平滑にし、その上から車体と同じ色の塗料で色を塗り直すと完了です。傷が深くボディに食い込んでいる場合には、パテと呼ばれる特殊な材料を傷の中に埋め込み、その上から先ほどと同様に磨きをかけて平らな表面を作り上げます。パテによって段差がなくなるので、きれいな表面が得られるという仕組みです。

大きなへこみでも裏側から叩いて修理可能

どこかに衝突して、バンパーやボディを大きくへこませてしまった場合でも問題ありません。バンパーに関してはボディと違って柔らかめの樹脂から作られているので、一旦取り外して裏側から力を入れるだけで簡単に元の形状を取り戻すことができます。ボディは鉄製のため、そう簡単にはいきませんが、ハンマーを使って裏側から叩くことで元の形状を作り直すのは同じです。と言ってもこの工程はコツがいるため難しく、埼玉の業者ならどこでもきれいに仕上げてくれるというわけではありません。熟練した技術を持つ職人さんがいる業者ならばきれいに修正してくれるので、そうしたところを事前に比較して選ぶことが重要です。また板金業者では、傷やへこみといった種類の修繕作業に加えて、塗装作業も行っています。長年乗り続けて色あせてしまった車でも、こうした業者にお願いすると美しく深みのある色と光沢を取り戻すことができるのでおすすめです。

ピックアップ記事一覧